ファーム通信

グリーンライフを楽しもう!
屋内でも、屋上でも!できますよ♪野菜づくり。身近に自然を感じるくらしを提案します。

【インドア派】
小倉駅前COLET/I'mビル10階の『KOKURA natu-garden』は太陽光の入るとっても気持ちのいい空間。ここで野菜を育てよう!と開園して早7年。風も吹かず、受粉の為の虫もいない屋内での野菜の栽培は、挫折&苦労の連続でした。
一時は、荒れた野菜たちですが、今は生き生きわっさわっさ育っています。
結論は、『手をかける、目をかける!』これに限ります。

【アウトドア派】
小倉駅前のデパートの屋上。地上51.5メートルで野菜を育てています。
『天空のHATAKE』では鳥や虫、ミツバチなどいろんな自然を感じることができます。保育園児さんとの交流も新鮮な驚きの連続です。

【ファーム管理人】
トミタユキコ
動物大好き!生き物をこよなく愛する女子。
2016年12月管理人就任。野菜づくりは初心者ながら、持ち前の探究心&愛情あふれる丁寧なお世話で見事再生。ブログで披露する独創性あふれる料理にも注目です。
お風呂にもラジオを持ち込む無類のラジオ好き。愛猫はなんと3匹!火・金曜AMにKOKURA natu-gardenに出没します。棚田に立つ姿が絵になる長身の女性がいたら、それがユキコさんです。見かけたらぜひお声かけください~♪

【グリーンライフ講座】
農、食、ものづくりのスペシャリストをお迎えして「GREEN LIFE講座」を月1回開催中。味噌作り、梅干し、糠床、木工、コーヒーの淹れ方…すぐに満席になりますので、お申し込みはお早めに。

「cross fmファーム通信」放送中♪ 火曜10:40~(UP↑UP↑内)/金曜17:10~(DAY+内)
[サポート企業:I'm/シャボン玉石けん/グリーンキャスティングサプライヤー企業各社]

グリーンライフ講座「花は野にあるように~投げ入れ教室 秋の草花篇」その5

2018 年 10 月 23 日

先生は、最後の最後、インドの篭に陶器を入れて、芋の蔓・葉っぱだけを使って投げ入れた作品を。
と、
枯れた大きなハスの葉っぱを器にして、小さな花を投げ入れた作品を。
どちらもシンプルでカッコいい。
師匠・川瀬敏郎先生の世界が、園田先生なりの形になってる感、満載でした。

自由な発想で、でも自然に寄り添ってる。色んな投げ入れがある。
美しい秋の草花達に囲まれて、贅沢な時間が流れた講座でした。

最後の画像は、栗きんとんwお茶とおやつ、講座の最後に出た〜♪
下に敷いてる柿の葉も、「お茶請けの飾りに」と、わざわざ用意いただいてたもので。風情1ー。
よい時間でしたw
緑色の実は、参加者さんからお土産でいただいたクチナシの実!
「栗きんとんを黄色にするのに使えるよ♪」と教えていただきました。風情2ーw
何やかんや自然に感謝。

皆さんには好きなだけ草花をお持ち帰りいただき。
いや〜、今回も素敵な時間でした。
ンナワケで10月の講座は自然・秋満喫でしたな。

(つづく?)

[インドア派:KOKURA natu-garden]