event report

cross fm 20th anniversary special 「cross fm GREEN MEETING vol.4」

自然の緑豊かな九州での「グリーンライフ」を提案しているグリーンステーションcross fmの環境イベント「GREEN MEETING」第4弾の開催が決定しました。今回のテーマは「島」。

世界自然遺産登録を目指す「奄美・琉球」の価値や現状について専門家もお招きし、島ならではの自然環境や暮らし、そして、島の自然と人間の共生のこれからについてパネルディスカッションを開催しました。

cross fmグリーンキャスティングサプライヤー presents cross fm GREEN MEETING vol.4」
日時:平成25年5月23日(木)18:00開場/18:30開演 
会場:電気ビルみらいホール(福岡市中央区渡辺通2-1-82)
MC:立山律子

同時に、絶海の孤島・南大東島の神秘的な風景とともに、高校がないため15歳の春に大好きな島を旅立つ少女とその家族を感動的に描く映画「旅立ちの島唄~十五の春~」の試写会も開催しました。

試写会の前に行われたパネルディスカッションでは、世界自然遺産登録を目指す「奄美・琉球」の価値や現状についてパネラーのみなさんとお話ししました。

「琉球・奄美」地方がなぜ、世界自然遺産となりうるのかを植田那覇自然環境事務所所長にご説明いただきました。

琉球・奄美の800Kmに渡る島々に世界でそこにしかいない動物が存在していることや、そのことが地球の大陸変動の歴史までをも把握できること、日本で世界自然遺産に登録できるのは、おそらくこの地域が最後だろうことなど、興味深く聞きました。

ディスカッション後に観た、映画「旅立ちの島唄~十五の春~」は島の美しい風景の印象が少し違って見えるようでした。