名古屋外国語大学 CAMPUS INVITATION」

毎週木曜 21:15~
ナビゲーター:小坂真琴

名古屋外国語大学の在学生・卒業生をお迎えして、
学科の詳細・授業内容・大学生活など、これから受験を考えているという皆さんの参考になるようなお話を伺って行きます。

[提供:名古屋外国語大学]

第3回目

名古屋外国語大学の在学生や卒業生をお迎えして、
学科の詳細や授業の内容、大学生活等、
受験生を応援していくプログラム
「名古屋外国語大学 CAMPUS INVITATION」

今回ご紹介するのは、
名古屋外国語大学 外国語学部 英米語学科4年生
日比奈都美さん(福岡県出身)

Q.名古屋外国語大学へ進学しようと思った理由は何でしょうか?
A.元々英語が得意科目だった。全国の外国語学部を調べた中で、「留学費用全額支援制度」が魅力的だった。

Q.留学はどちらに行かれましたか?
A.3年生の時に、オーストラリアのアデレードへ1年間留学した。日本人が少ない街に留学したかった。最初は不安だったが、インド・タイ・アメリカ・韓国・中国など、色んな国からの留学生がいたおかげで、浮く事もなく楽しめた。

Q.留学に向けての準備や、現地での思い出は?
A.語学を身につけ、留学する事。留学前の2年間は、TOEFL500点以上を超えるため、学内にある専門の書籍やDVD、カウンセラーのサポートなどを活用し、ひたすら勉強した。現地では最初の3カ月ホームステイをしたが、その後シェアハウス生活を体験した。学校での勉強とシェアハウス生活の両立は大変だったが、新しい自分を見つける事が出来た。

Q.卒業後の進路は決まりましたか?
国際物流を取扱うロジスティック関連の会社へ内定した。取引先が海外の会社という事で、書類やEmailなども英語を使用する仕事です。

Q.受験生の皆さんに、地元福岡の言葉でエールをお願いします!
A.バリ楽しいけん、ぜひ外大にきりーね!

第2回目

名古屋外国語大学の在学生や卒業生をお迎えして、
学科の詳細や授業の内容、大学生活等、
受験生を応援していくプログラム
「名古屋外国語大学 CAMPUS INVITATION」

今回ご紹介するのは、
名古屋外国語大学 現代国際学部 世界教養学科 1年生
岩瀬千夏さん(福岡県出身)

Q.名古屋外国語大学を選んだきっかけは何でしょうか?
A.外国語の勉強がしたかった。進路に迷っているときに、偶然「蛍雪時代」という本で名古屋外国語大学のことを知り興味を持ち、進学を決めた。

Q.世界教養学科ではどのようなことを勉強されているんですか?
A.世界の地域のことを知るために、民族や宗教、文学について学んでいる。特に北欧の民族についての授業が面白かった。

Q.留学はどこに行ってみたいですが?
A.まだ決めていないが、今はオーストラリアに留学してみたい。

Q.学業以外の生活はどうですか?
A.サークルで週2回、バスケットボールをやっている。みんな仲が良くて、楽しく活動している。他にも、マスコミ業界研究グループにも所属していて、OGのアナウンサーから指導してもらったりしている。夢はアナウンサーになることで、スポーツ番組を担当し、スポーツの楽しさを伝えたい。(野球はドラゴンズよりホークス派です)

Q.受験生の皆さんに、地元福岡の言葉でエールをお願いします!
A.受験勉強は大変やと思うけど、根気や忍耐力をもって頑張れば必ず夢は叶うけん、頑張って下さい。応援しとうよ!

第1回目

名古屋外国語大学の在学生や卒業生をお迎えして、
学科の詳細や授業の内容、大学生活等、
受験生を応援していくプログラム
「名古屋外国語大学 CAMPUS INVITATION」

今回ご紹介するのは、
名古屋外国語大学 外国語学部 英米語学科4年生
河合朋美さん(愛知県出身)

Q.名古屋外国語大学へ進学しようと思った理由は何でしょうか?
A.海外で仕事をしている従兄弟に憧れ、自身の語学力を磨きたかった。

Q.実際に入学してみていかがでしたか?
A.当初大学で何がしたいというのが無かったが、入学してみて自分のやりたい目標が定まり、いろんなことにチャレンジできた4年間で、とても満足している。

Q.具体的に目標とは?
A.語学を身につけ、留学する事。1年生の時にはアメリカへ短期留学、2年生ではオーストラリアへ長期留学、3年生ではロシアへ留学する事が出来た。「留学費用全額支援制度」や留学先の大学と単位交換が出来る「ダブルディグリー留学」等の制度を活用し、勉学を楽しめた。

Q.インターナショナルハウスの管理にも携わったそうですね?
A.留学生のシェアハウス型施設でサポートを1年半の間経験した。
病気の際に病院で通訳したり、留学中の悩み相談等を行った。自分が留学時に色々助けてもらった事を、次は自分がお返しする番と思った。

Q.卒業後の進路は決まりましたか?
A.地元の市役所に決まった。自分の経験を活かしていきたい。

Q.受験生の皆さんに、地元豊田の三河弁でエールをお願いします!
A.名古屋外国誤在学は、自分のやりたい事を挑戦できる大学です。ぜひ、名古屋外国語大学にきてみりん!