ファーム通信

グリーンライフを楽しもう!
屋内でも、できますよ♪野菜づくり。身近に自然を感じるくらしを提案します。

【インドア派】
小倉駅前の複合施設 セントシティ10階にある広場『KOKURA natu-garden』は太陽光の入るとっても気持ちのいい空間。ここで野菜を育てよう!と開園して2021年3月で11年になりました!風も吹かず、受粉の為の虫もいない屋内での野菜の栽培は、挫折&苦労の連続でした。
一時は、荒れた野菜たちですが、今では、ハーブ、野菜、小さな木々、お花からかわいい野草まで、生き生きと育っています。
結論は、『手をかける、目をかける!』これに限ります。保育園児さんとの交流からもうれしい驚き・発見をいただいています。

【ファーム管理人】
トミタユキコ
2016年12月管理人就任。野菜づくりは初心者ながら、持ち前の探究心&愛情あふれる丁寧なお世話で見事再生。ブログで披露する独創性あふれる料理にも注目です。
火・金曜AMにKOKURA natu-gardenに出没します。棚田に立つ姿が絵になる長身の女性がいたら、それがユキコさんです♪

【グリーンライフ講座】
農、食、ものづくりのスペシャリストをお迎えして「GREEN LIFE講座」を月1回開催中。なげいれ、スパイス、金継ぎ、梅干し、糠床、木工…すぐに満席になりますので、お申し込みはお早めに。

「CROSS FMファーム通信」放送中♪ 火曜10:40~(UP↑UP↑内)
[サポート企業:セントシティ / グリーンキャスティングサプライヤー企業各社]

ムダな時間。

2020 年 12 月 07 日

ムダな時間を過ごして
ソノすべてがソノ時間が
無駄ではなくなる瞬間が
面白す。
マジヤバ。
日々、ソノ繰り返し。

たしか、そんな話を、美奈氏と八木氏と、ファーム通信の放送でおしゃべりしたとき

紹介した画像。

「白い猿は木登り上手。だがしかし、自力じゃなく高い所にいれたら&揺れてたら、幸せかもなあ」と
そのへんにあった蒲鉾板サイズの木片を塗って、麻紐とで作ったブランコ。
だとか
無意識でただ組み合わせただけのモノたち。無意識にスイーツや王様爆誕で、幸せ爆誕。
コレらが、例えば仕事とか、例えば違う何か、に、結果、繋がったりもして。

何も考えず、その辺にあったモノで、作ったり、吊したり、つんで組み合わせてミラクル。
面白いの出来あがり
面白いの出来てニンマリ。
面白いは正義w
アリガトウ、面白い時間。
アリガトウ、ムダな時間。

ファームにおいても、日々、いろんな疑問が生まれたり、無駄なコトたくさんやって
結果、「面白いコトが起きる」の連続。
「え〜、このまま収穫せずにいたらどうなるんだろ」→花が咲き
「こんな花が咲くのか!♥」と知るコトが出来、
「このままお花ずっと咲いてたら、その先はどうなるんじゃ?」→実が生り、種が出来
「へ〜!こんな形の実が生って、こんな種が出来るのか!」と知るコトが出来、
「この種また土に還したらどうなるんだろ」→また芽が出て育つ
「コレ、あげなくても大丈夫じゃないかい?」→植物たち、無農薬・無肥料で育つようになった
「コレ、作らなくても大丈夫だったりして」→土作らずとも植物たち育つようになった
植物の色々を知るコトが出来、種や色んなモノを買わなくてよくなり、いろいろ節約出来、
なにより、植物たちがたくましくなった(ファームの植物自由すぎ&たくましすぎる説w)

ええ、よくよく考えてみれば、ほぼ「ズボラ精神」出発の
ムダな時間爆誕族の、無駄な時間の連続だがw
無駄に思いついては、みるもんだwww
無駄にフツフツ沸き起こったナゼナニを、試せる環境があるコトが、ありがたや。

ズボラが功を奏すw
チョット休憩、チョット気分転換、チョット、ああしてみて、こうしてみて、、、、、
ああしなくて、こうしなくて、、、、、、w
「チョット○○…」も、正義かい?

[インドア派:某所]

野菜は食べなくてもよい。ただし、○○に限る。

2020 年 12 月 06 日

赤水菜。
初めて見た。

野菜は食べなくてもよい猫。肉食動物。
野菜の成分を分解する消化酵素が少ないんだったか、ないんだったか。
うろおぼえ。
肉では補えない栄養素やらなんやらを摂る分には、少しは食べるのはよいのかな?
どうだろな?

猫草の代わり的な。

小松菜大好きさんは、水菜も、まあ、お召し上がりには、とりあえず、なるらしい。
もっと美味しそうに食べよ。

小松菜を出したときはまっしぐら。
(味の)違いが分かる猫w
そういえば、レタスやツルムラサキも、あまり好きそうではなかったなあ。

[インドア派:某所]

そういえば。

2020 年 12 月 04 日

昨日、鶏蕎麦作った。

ラップした鶏をお湯につけとくだけの「しっとり鶏」作ってて。
そののち、鶏チャーシュー作ってて。
(出汁は適当に作ってマス)
ついでに同じ出汁で半熟煮卵的なものも作ってて。
煮てないから、漬けたまご?
鶏も卵もイイ感じに漬かってた。

同じ出汁で蕎麦つゆ作って。

鶏も卵も「○○するだけ」、出汁も適当だから、ズボラ蕎麦だにゃ。

ファームで育った唐辛子アクセント。安定の辛さ。小松菜の甘さも幸せの味わい。
美味しいをアリガトウ。

そしてそういえば、グリーンピースの芽が出てきてた。

そしてそういえば、トマトとオクラとパセリ収穫。
夏の匂い。
冬だけどw

[インドア派:某所]
[インドア派:KOKURA natu-garden]

なった。

2020 年 12 月 01 日

イイ感じに桃色系?赤くなった。
ポンデローザ。
形が違う不思議。

そして冬だケド
まだまだ夏。実が花がなった。
ゴーヤ。

モンキーバナナの葉っぱも
大きくなったな〜。
たくさんぐるぐる葉ッぱっぱ。

[インドア派:KOKURA natu-garden]

秋なのに。違うか、もう冬なのに。か。

2020 年 12 月 01 日

今年はクワの実が秋にも冬にも生った。
葉っぱも、また新しいのが続々出てきた。
葉っぱワッサワサ。

そして
秋なのに?(いや、だから違うって)
冬なのに。
パクチーもワッサワサ。
イイ香りすぎる。
顔をうずめていたい。。w

[アウトドア派:天空のHATAKE]

プロ妖精♪

2020 年 12 月 01 日

プロお手伝い
プロお水やりw
プロ行列w
プロ保育園児w

みんないつもアリガトウ。

日に日にお水やり上手になってゆく

日に日にせいちょうしてゆく
妖精さん達も植物たちも

素晴らしす。

お土産にゼラニウムをプレゼント。
「ワ〜、かおりがする〜」って言ってた。

[インドア派:KOKURA natu-garden]

季節の、季節の?

2020 年 11 月 30 日

栗。
ほっくほく。
蒸しましてん。
数ヶ月冷蔵庫に寝かせてたので糖度爆アゲのはず♪

そして
ファームで育ったマイクロトマト。
本日は、オリーブオイルと青じそと人参葉
だったかな?
ぐるぐる混ぜるだけでおごちそう。

秋を夏をアリガトウ。

[インドア派:某所]

ドーン。

2020 年 11 月 28 日

ファームで育った野菜も
もちのろん
入ってますよい、
山芋鉄板。

過去のグリーンライフ講座で習った、五香粉だったかエルブ・ド・プロヴァンスだったかも、
入ってるよい。

いつもとひと味違う、でも幸せは一緒の
山芋鉄板。

幸せ度はフワフワ度。
うん、きょうはいつになくフワフワでいる。

[インドア派:某所]

ファームで育った野菜で常備菜。

2020 年 11 月 27 日

オリーブオイルとマイクロトマトと人参の葉っぱだけ。
あ、違った。オレガノも入れたんだった。
こんだけで混ぜるだけで美味しいの出来る♪
ありがたき。

ゴーヤと玉葱と人参と、あと何?オクラと〜、胡麻?
適当に切って混ぜて和えて。
今回は、黒酢とマスコバド糖(黒砂糖)と、五香粉だったかなあ?
エルブ・ド・プロヴァンス、だったかなあ?
あとローレル?ローリエ?ベイリーフ?
漬ければ漬けるほど、旨味増し増し。
すぐなくなるケドw
あ、唐辛子も何本かちぎって入れた。
なかなかなくならない収穫した唐辛子w
ありがたや。

[インドア派:某所]

グリーンライフ講座で、ふた月続けてリースづくり♪

2020 年 11 月 26 日

前回(先月)は、キレイな色があでやかなリース。
秋の実りが沢山の、ミノリノワ。

そして今回は、「冬のひだまり」と題してリースづくり。

みんな楽しそうだったなあ。
みんなの素敵すぎる作品で、冬のひだまりがいっぱい出来た。
よ。

緑屋さんのリースづくり、毎回人気の講座で毎回即満席。
シリーズでお届けしており、今回お初で2か月続けて開催していただきました。
月ごと、まったく対照的な花材だったケド、
どっちもどこかあたたかい。
ソレは、「緑屋」店主 高垣圭輔先生の人柄と幸せッぷりと
ご家族のあたたかさが詰まっているのなあ。

そしてみんなの温かさ優しさも相まって、ひだまりポカポカで
ポカポカ過ぎるほどのぽかぽかで
ここちよき、楽しい時間だったなあ。

みんなアリガトウ。

[インドア派:KOKURA natu-garden]